奈良市の外壁塗装・屋根塗装・リフォーム

塗装・雨漏り、お気軽にご相談ください!
0742-36-3215
担当者直通:080-1471-6344
相談・見積り無料!【受付時間】9:00~18:00
お問い合わせフォーム
閉じる

外壁塗装の役割や意味とは?注意すべき塗り替え時期のサイン

社長

住宅の外観を大きく左右する外壁塗装。外壁を綺麗に塗り直すだけでも、家は見違えるほど美しくなりますよね。多くの人は、外壁塗装が見た目を綺麗にするだけのものだと思っているかもしれません。しかし、外壁塗装を行うことには、見た目を綺麗にする以外の意味もあります。

では、外壁を塗ることには、どんな意味があるのでしょうか。「高いお金を払って外壁を塗り替える必要性がわからない」「外壁塗装をしようかどうか迷っている」という人は、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

外壁塗装の3つの役割

実は、外壁塗装には3つの役割があります。

具体的には、


・家の外見を綺麗に保つ

・紫外線や雨風から家を守る

・外壁に機能性を付加する


役割です。

1つずつ見ていきましょう。

家の外見を綺麗に保つ役割

建てたときは綺麗だった外壁は、当然時間が経つにつれて劣化していきます。

雨や汚れがシミになってしまったり塗料が化学変化を起こして色褪せたりしまうことで、少しずつ美観性が損なわれます。

毎日目にする我が家の外壁が汚れているのは気持ちいいものではありませんし、他の人の目も気になりますよね。

外壁を塗り替えることで、まるで新築かのような美しさを取り戻せます。

また、塗料の色を変えることで家の雰囲気をガラッと変えることも可能。

外壁塗装のサイクルに合わせてイメチェンを楽しむのもオススメです。

紫外線や雨風から家を守る役割

家の外壁材のつなぎ目には、「コーキング材」と呼ばれる材料が充填されています。

このコーキング材は、経年劣化によって剥がれたりひび割れることがあり、放っておくと雨が建物の内部に入り、住宅を傷める原因になります。

また、紫外線などで塗料が劣化した外壁には、雨が染み込みやすくなったり、カビや腐食が生じやすくなったりします。

外壁塗装の塗料は、塗膜と呼ばれる塗料の膜を形成し、紫外線や雨風から家を保護してくれます。

塗膜に住宅を保護してもらうためには、定期的な外壁の塗り替えが必要です。

外壁に機能性を付加する役割

外壁用の塗料には、様々な機能性を持ったものがあります。

たとえば、壁がひび割れても建物内に水が侵入しない性能を持った塗料や、雨で汚れを洗い流してくれるセルフクリーニング塗料などなど…。

機能性塗料には、「低汚染性」「遮熱・断熱性」「防カビ・防藻・防苔性」「耐候性」など、多くの種類があります。

少し値は張りますが、後々のメンテナンスの手間に差が出てくるので、余裕がある人は検討してみてくださいね。

外壁塗装を行うべき時期のサイン

外壁塗装が住宅を守ってくれる大事な役割を果たしてくれていることは、お分りいただけたかと思います。

それでは、具体的にどんなどんなタイミングで塗り替えるのが最適なのでしょうか。

結論としては、10年おきに塗り替えることが推奨されています。

しかし、10年経過していなくても、塗り替えを行うべきサインが現れることがあります。


外壁は、正しいタイミングで塗り替えないと家を傷めてしまう原因となります。

以下の症状が現れていないか、定期的に外壁をチェックして塗り替えのサインを見逃さないようにしましょう。

外壁の汚れや塗料の色褪せが気になってきた

外壁に汚れが付着しやすくなったり塗料の色褪せが気になったりしてきているときは、塗膜の劣化が始まっているサインです。

急を要するような症状ではありませんが、放っておくとさらに状態が悪くなる可能性もあります。

なるべく早めに対処しましょう。

チョーキング現象がおきている

外壁を触ったときに、手に白い粉がついたことはありませんか?

この粉がつくことを「チョーキング現象」と呼びます。

この現象は、紫外線や雨風などにより塗料が劣化し、塗料の成分である顔料が粉状になることが原因です。

放っておくと外壁にヒビ割れやカビの発生につながりますので注意が必要です。

  • チョーキング現象(白亜化現象)とは、主に塗装表面が太陽の紫外線や熱・風雨や湿気などの水分によって塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって現れる現象や状態のことを指します。 チョーキングは外...

塗膜の膨れ・剥離がおきている

外壁塗装が劣化すると、塗膜ががぷくっと膨れたり剥がれてしまうことがあります。

放置してしまうと、外壁内部に水が侵入してクラックを引き起こしてしまう可能性があります。

かなり劣化が進行している状態なので、早めに対処しましょう。

クラックやシーリング材の塗膜剥がれ・割れが起きている

経年劣化や塗膜の劣化によって、外壁に「クラック」と呼ばれるヒビ割れが生じることがあります。

また、建物が古くなると、サイディングボードの継ぎ目に充填するシーリング材が劣化し、亀裂が生じることがあります。

どちらも建物の強度低下の原因になりますので、この症状が見られる場合は早急に対処しましょう。

外壁塗装は住宅を守るために不可欠。正しいタイミングで塗り替えよう

外壁塗装は、見た目の美しさだけでなく、住宅を守るために必要不可欠なものです。

住宅自体の寿命にも関わることがありますので、放置せずに定期的なメンテナンスを行うことをオススメします。

塗り替えが必要かどうか判断できないときは、専門の業者に点検をしてもらうようにしましょう。

このカテゴリの他のコンテンツ

お問い合わせ
スタッフ紹介
ブログ
ドローン診断
火災保険
youtube

業務内容と価格目安

塗装の基礎知識

各工程について

劣化現象について

塗料について

業務内容と価格目安